鹿児島の探偵は地方へ

2020/09/08 ブログ
ロゴ

鹿児島の探偵、KO事務所は地方へ出かけました。

調査では1年半ぶりの訪問になります。移動中に感じたことの一つにこの方面でも広いソーラー畑がいくつもあったということです。

住宅用太陽光発電の固定価格買取制度を使うと、1kWhあたり21円を維持して、10年間売電することができます。この売電価格は、2009年に48円/kWhだったことに比べると、今年の21円/kWhはとても安くなっています。しかし、固定価格買取制度が定める売電価格とは、原則として「初期費用を回収できるように」設定されるもので売電価格が下がったことは、太陽光発電の初期費用が安くなったことを意味するようなのです。

皆さん、お金を貯めるのが上手ですよねー