鹿児島の探偵は盗聴器発見調査

2019/06/06 ブログ
ロゴ

鹿児島の探偵、KO事務所は鹿児島市内で盗聴器発見調査を行いました。

依頼者は、社会人5年目で5階建てマンションの3階部分の2DKに住んでいる独身女性。このマンションに転居して2年目。彼氏いない歴半年。ここ一か月ほどマンション前で見張られている感じがして、盗聴器発見調査を依頼。

結果、生きている盗聴器は発見されず。生きていると書いたのは、盗聴器としての機能を果たしていない盗聴器はベッドルームの壁に設置されたコンセントの中から見つかったからです。ワニ口クリップで電源を供給して音声を送信するタイプ。ワニ口クリップの片方が外れていて電源が供給されないために盗聴器の役割を果たしていなかったのです。

残念ながら依頼者が転居してきてから取り付けられた盗聴器なのか、それ以前の置き土産なのかわかりません。ただ、部屋に入れる関係であれば、5分もあれば取り付けられる代物です。

依頼者は、盗聴器の特徴を鑑みて今後生活しますとのことでした。盗聴器発見調査で見張られている感じが解決された訳ではありませんが、マンション前で盗聴している心配はなくなったので安心されたようです。