鹿児島の探偵の行方調査

2019/05/19 ブログ
ロゴ

鹿児島の探偵、KO事務所が行った行方調査で見つけ出すのにかかった日数の最短記録が3日だというのは以前書きましたが、転居距離の最短記録を書きたいと思います。

離婚を望んでいる夫が別居を始めた当初は妻も居場所を知っていたのですが、夫と不貞関係にあると思われる女性に対して妻が問い質したりしたことで夫は激怒、転居して居場所がわからなくなってしまったのです。

調停や裁判をする場合、相手方の住所がわからないと訴状を届けようがないので申立てが受け付けてもらえないのです。

KO事務所への依頼で調査開始、すると確認できている最終居住地のアパートの202号室から101号室に移っているだけでした。転居距離10m。最短転居距離の記録です。結果だけみると探偵に依頼するまでもない、と思われるかもしれませんが、自らの生活を保ちつつ調べる時間を確保するのは難しいだろうし、どの時間帯を確保するかも難しいことでしょう。

自分の手に負えなくなったらKO事務所にご相談ください。